キュレルに配合されているセラミドはヒト型ではありません!

敏感肌でも安心して使用できるとして人気のキュレル、
今注目の保湿因子、セラミドも配合されているとあって、
敏感肌の方だけでなく、乾燥肌の方にも人気の商品となっています。

 

 

キュレル

 

しかし、ちょっと注意すべきことがあります。
それはキュレルに含まれるセラミドがヒト型ではないということです。

 

 

セラミドとは肌の角質層の細胞間脂質の約半数を占める重要な成分で、
外からの刺激から肌を守り、肌内部の水分の蒸発を防ぐという、
肌のバリア機能を果たしています。

 

 

人間が元々持っている成分なので、
アレルギーなどを起こしにくく、浸透しやすい、今話題の保湿成分です。
化粧品に含まれているセラミドは実は1種類ではないのです。

 

 

大きく分けると、天然、バイオ(ヒト型)、擬似の3つです。

 

 

天然は馬などから中出される動物性と植物性に2つに分かれ、
人間のもの同じ働きをしっかりカバーします。
ただ、元々の原材料費が高いので、商品の価格が高価になるというデメリットがあります。

 

 

バイオ(ヒト型)は、主に酵母から生成されたもので、
人間のものと同じ配合で合成、保湿だけでなく美白効果も期待できます。
天然ほど値段は高くないというメリットがあります。

 

 

擬似はその名のごとく、似て非なるものです。

 

構造は違うけれど効果が似ているのでこの名が付いています。
低コストで大量生産が可能ですが、合成界面活性剤が必要なので、
実は肌にやさしいとは言い切れない成分なのです。

 

 

キュレルに含まれているのは、
このうちの擬似に分類されるものなので、
他の天然やバイオに比べると効果が低いと言われています。

 

 

それに、合成界面活性剤が入っているので、
特に皮膚の弱い敏感肌の人は、使用に注意が必要です。

 

 

しかし、効果がある場合も多くあるので、
興味があるなら、サンプルなどを使用し、
問題がなければ使ってみるのもいいでしょう。

 

 

なお、ヒト型セラミドの配合の基礎化粧品のまとめは、
次のページで紹介中です。

 

 【最新版】ヒト型セラミド配合のトライアル化粧品まとめ

 

情報は定期的に更新していますので、
お時間があるときにチェックしてみてください。